本文へスキップ

マンション 仲介 買取り

収益物件・区分所有物件・分譲

マンション売るなら仲介と買取りのどちらがお得?

トップページ > 仲介と買取のどちらがお得?

マンション売るなら仲介と買取りのどちらがお得?

マンションや土地などの不動産を売りたい場合、仲介と買取りの2種類ありますので、どちらが良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。

どちらが良いという訳ではなく、どちらにもメリットとデメリットが存在します。

たとえば、業者の買取りの場合は、すぐに物件を売ることができるというメリットがありますが、仲介で売るよりも安くなってしまうというデメリットがあります。

なぜでしょうか?

それは、業者もボランティアではなく利益を出すためにやっているからです。安い値段で購入し、利益を乗せて売却する。そうしなければ不動産屋は儲かりません。

ただ、事情がありすぐにでも売りたい場合は業者の買取りがオススメです。

しかし、それ以外は、仲介で売るのが良いでしょう。ただし、肝心なのは、妥当な価格で売り出せるかどうか、ということです。

相場よりも高いと、売れ残ってしまい、売却できるまでに1年以上もかかるケースもあり、業者に買取ってもらったほうが良かった、なんてことにもなってしまいます。

仲介で上手に売るには、いろいろな業者から査定を取り、適切な価格を見つけるというkとが一番大切です。ここに手を抜くと、後で痛い目に合います。

仲介と買取りの違い

マンションの売却には仲介と買取りがあります。

この2つの違いをご存知でしょうか?

仲介というのは、その言葉のイメージ通りに買いたい人と売りたい人の間に入ってもらう人がいるのです。

では、その間に入る人は何をしているのかといえば、売却したいマンションや土地などを買ってもらえる人を探してくれているわけです。

そして買取りはといいますと、先ほどのように買い手が見つかるのを探すのではなく、業者がすべて一括して物件を買い取ります。

つまり、どちらの場合でも売却したら自分からマンションが離れます。しかし、仲介と買取りの場合ではこのような違いが出てくるのです。

マンションの査定

あなたは今、マンションなどの不動産を持っていると思いますが、それはどのような方法で手に入れたのでしょうか?

土地を買って、その場所にマンションなどを建てたという人もおられるでしょう。

他には、すでにある不動産やマンションを買い取って、それで運営や運用している方や親から受け継いだという方もいるでしょう。

土地やマンションというのはどちらかというと買うことを中心に考えてしまい、その先のことはあまり考えていない、という人もおられるのではないでしょうか?

実際にマンションなどを運営や運用などをしていると、思った以上に経費がかかる、中々借りてくれる人が見つからないなど、少なからず問題はでてくるものです。

長く売れなければ精神的にもおちつきません。そのうちに1年、1年半と過ぎていくと損失は大きなものになります。そして最終的にジリジリと値下げして行くということになれば最悪です。

そんなことにならないためには、必ず複数の業者に査定をしてもらうことがとても大切です。